2005年08月31日

今日も暑かった……。

本日の最高気温 30度

なのに、うっかり仔猫の部屋の扇風機を回し忘れて出勤。
いちにち気にかかる。
帰ってドアを開けようと鍵を取り出すと、気配を察して玄関まで仔猫がやってきたらしく、大声でお出迎え。
相変わらず怪獣のような声に、思わずたじろぐが、すこぶる元気のようでほっとした。
ヴィーにまずただいまを言う。続いて仔猫へ。
そしてご飯。キッチンに入った私に気づいて、ギャーギャー騒ぐ仔猫。
ものすごい勢いでたいらげ、ヴィーのご飯まで狙う。
そのあとは、日課の追いかけっこの始まり。

これでは、まだ一緒の部屋でお留守番は無理かなー……。

トイレ記録:ヴィー、トイレ(大)する!

ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

お土産。

今日はヴィーがトイレ(大)をしない。
またずっとしなくなったらどうしよう。



ところで、昨日“ペットテント”なるものを買ってきたら、これが思いもかけず好評であります。
05-09-17_01-52~00.jpg

使用方法は、こんな感じ。↓

05-09-17_02-21.jpg

ひっそりと中におさまったヴィーを見て、仔猫は……



05-09-17_01-52.jpg

「あたしが入りたい!!」と、ヴィーに猛攻撃を……

05-09-17_01-53~00.jpg



05-09-17_01-53.jpg

ヴィー「あたしだって、入りたい……」
あえなく奪われ……



05-09-17_01-53~01.jpg

「ここ、アタシのおうちね!」
と、高らかに宣言する仔猫……。



ごめんよ……そんなにふたりが気に入るとは思わなかったんだ……(涙)
もうひとつ買ってあげたいけど、一個しかなかったの……。
探してくるから、それまでは仲良く使ってね(無理っぽい)
ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

トイレ観察

V4010062.JPG
今日のショット:かくれんぼ?(なかなか一緒に撮れない2匹;)


昼休み、獣医さんに電話で相談。
やはりあまり長い日数トイレをしないのは危険らしい。(目安は4日)
痔や便秘そのものよりも、それが原因となって腸が長く伸びてしまい、結果他の病気にかかってしまうことのほうが問題とのこと。
整腸剤もしくは便秘薬を飲ませることに。明日行く約束を。
今日トイレしてくれたら、いいんだけど……。

そして、帰宅したらヴィーがトイレ(大)していた! 良かった。

ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

今日も、食事中の方にはすみません。

アップ1.jpg
今日のショット(発掘写真):アルビダ嬢(=ヴィー)愁い顔アップ


今日もヴィーはトイレ(大)をしなかった。
このままでは危険だと、一段と恐怖を覚え獣医さんに助けを求めることにする。
明日、電話しよう。
しかし、仔猫が来る前にできたはげも、今日見たらうっすら毛が生えてきてるし、元気にとっくみあいもしてるし、あんまりストレス感じてるふうでもないんだけどな……。
仔猫が来る数日前に変えたカリカリが原因かも。

ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

食事中の方、すみません。

V4010060.JPG
今日のショット:キャットタワーにて(相変わらずピンボケ)


ヴィーがトイレをしていないのが、ずっと気にかかっている。
(小)はちゃんとしているのだけれど、(大)は、仔猫がきた晩にしたのが最後。
今まで、1日1〜2回必ずしていたので、これはストレスの表れなのかしら。
仔猫は快食快便で、何の悩みもなく、我が物顔で家中駆け回っている。
しかしヴィーのご飯まで奪うのは食い意地はりすぎだろ。

あ、仔猫の首輪を外す。
まだ首が細くてだいぶん余るらしく、時々口に引っかかってそれを外そうと暴れてもがいて……を繰り返したため、もう少し大きくなってから着けることに。

……大きくなった頃にはもう、必要ないんじゃ??
(仔猫が急に近づいてきたとき、びっくりしてヴィーが噛んだり引っかいたりしないようにと着けたものなので)
ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

お留守番初日

V4010054.JPG
今日のショット(ピンボケ):円陣を組んでみる2匹


仔猫がきてから初めての出勤。別室の仔猫を一旦リビングへ。
朝ごはんをあげたあと、ヴィーは以前とおなじようにリビングへ。
仔猫は、洋室+廊下と二匹を分けて外出。どちらの部屋も、窓開け+扇風機回しっぱなし。
ヴィーがちっちゃいときもこれで大丈夫だったからと思うも、やっぱり仔猫がちょっと心配ではある。

留守中、何事もなく元気に出迎えてくれる仔猫。
やっぱり昼間はずっと眠っているよう。
今日も食欲旺盛。
ヴィーを追いかけまくる。
そして手を出したいのに、恐くて本気を出せないヴィー。
かわいい……(悶絶)
いっぱい褒めまくって、仔猫の相手してね、と言い聞かせる。
……下僕飼い主には本気噛み。うう。我慢。
ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

三日目

V4010047.JPG
今日のショット:ひとり遊びの途中


今日もほぼいちにち在宅。
実は遡って後から書いているため、こまかいことはあまり思い出せない。

夜、ヴィーを追いかけ回す仔猫。
とうとう、ヴィーの逃げ場にと荷物をあけた天袋へまで、ヴィーの真似してキャットタワーから
ジャンプして追っていく。
……三ヵ月だと、もうそんなとこまで行けるのか!
ヴィーも逃げ回ってる割に仔猫の姿が見えないと探して回るのが、なんだか微笑ましくもある。
とっくみあいまでは発展しないものの、しつこくじゃれてくる仔猫に、ヴィーが手をあげて振り下ろそうとしている。
横目で盗み見ながら、緊張する飼い主。
けれど、ためらったあと、結局その手は仔猫には振り下ろされることなく、ほっとすると同時にあまりのかわいさに笑ってしまう。
ちゃんとおねえちゃんしてる……!(感動)
ちっちゃい子をぶっちゃいけないって意識があるんだ……いつまでも子どもだ子どもだと思ってたのに……(感涙)

でも、ストレスはやはり感じているらしく、めちゃめちゃ八つ当たりされて本気噛みを食らう。
痛い……足から血が出る。
けど、これくらい平気。
仔猫と仲良くしてくれるなら、しばらくは八つ当たりも耐えるよ。
ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

仔猫二日目

V4010045.JPG
今日のショット:ばんざいポーズでアピール


朝起きて、まずご飯をあげる。
今日はほぼいちにち家にいる。
小一時間ほど遊んだのち、うたた寝して、起きると仔猫が添い寝してくれてた!
しかも、起きたのに気づくと寝ぼけまなこでスリスリ、スゥ〜リと身体を寄せてくる。
う〜〜ん、傍若無人でふてぶてしい仔だと思ってたけど、意外と甘え上手。
その後、ヴィーにタックルしてみたり、おもちゃにじゃれたりする仔猫を観察。
威嚇(主に仔猫の)は徐々になくなったが、まだお互いに恐がっているふうの二匹。


昨日買って来た鈴付き首輪を仔猫に装着。
これは、仔猫が近づいてくるのを、ヴィーに知らせるため。
ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

仔猫がやってきた!

保護主さん宅で面会させていただいた仔猫の最初の印象は「げ……元気な子ね」
というか……「や……やんちゃだわ……(汗)」と、2匹目として迎えるにしては若干不安を覚えるくらいの活動的な女の子。
しかも……気の強い性格がそのまま顔に表れてる(大汗)
ヴィーも2歳になるというのに運動大好き、遊ぶの大好きでかなりの暴れん坊だと思っていたけれど、そのヴィーの仔猫時代よりも暴れてくれそうな予想がやすやすとできてしまう。
果たして、うまくヴィーは受け入れてくれるのだろうか、気の強い同士で大丈夫だろうか……。
ちょっぴり不安もあった、もちろん。
でも、ヴィーは気が強いけど意地悪ではない(欲目)。
それに、気が強いけどビビリでヘタレ。
少なくとも、仔猫がいじめられることはない(と信じたい親心)。
仔猫にしても、いくら気が強くったって体格差を考えたら、ヴィーをいじめることもそうそうないだろうし、なんといっても順応力が高いだろうし。
案ずるより産むが易しと、仔猫を連れて帰ることに。

こうして、我が家に新しい家族を迎えた。
仔猫は、保護主さん宅からバスケットに入れて連れてきて、そのまま出さずにリビングの中央に置いてみた。
不思議そうな顔で寄っていくヴィーに、突然浴びせられる威嚇!
バスケットのなかから猛烈な勢いで叫ぶ仔猫。しかも、この子の鳴き声がまたすごく、猫ではなくてまるで恐竜の子みたいな感じ。「にゃ〜ん」「みゃお〜ん」とかではなく、「ぴぎゃー!」「きいぃぃ〜〜あ!」みたいな……。
普段はあんまり鳴かないヴィーも、これには本能で威嚇を返す。
なんか……仔猫を出したほうが却っていいかも……。
バスケットから出すと、お互い威嚇しあいながらも飛びかかりまではしない。
しかも……明らかにヴィーのほうが声負けしてる。
敵と認識してる感じでもなく、「相手が威嚇するから、とりあえず、自分もしとこうかな」くらいの消極さを感じる。
本当に、飼い主以外には負け負けなヘタレ女王なんだから!
しばらく威嚇した後、仔猫、猫草を貪り食う。
それを「あ……あたしの……猫草……」と言いたげな様子でながめるヴィー。
ええと。仔猫に猫草って、あげてもいいんだっけ……。と悩むものの、当人(猫)は腹に物が入って落ち着いたのか、激しい威嚇はやめた。当然、ヴィーもおとなしくお座りして仔猫を眺める。

その後、思い出したように威嚇する仔猫と、付き合って威嚇し返すヴィー。
とっくみあいまではせず。
と言いますか。
仔猫に追いかけ回されるヴィー('A`;)
おいおいおい……。

とりあえず、初日にしてはなかなかよい雰囲気だったのではないかと。
仲良くなれそうな予感を抱いて、眠りにつく。


V4010051.JPG
写真(ピンボケ)は、猫草に夢中な仔猫とそれに何も言えずにいるヴィー(笑)
ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

仔猫がくるまで

そもそもは、先住猫ヴィーがけっこうやんちゃで構って欲しがり、常に「遊んで〜!」とやってきては、飼い主の下僕はそのたびに食事中でもネットをやっててもおもちゃを持ってお相手してました。
元気なのはとっても幸せなことだし、ありがたいんですけど。
しかし……も、もう少しひとりで遊んでくれると嬉しいな(;´A`)
というのも、偽らざる本音。
それに、お友達がいればお留守番のとき寂しくないしな〜……2匹で遊んだり、団子になって寝てたり、冬はみんなでお布団に……と何やら夢見ながら、ウチにきてくれる子を探し始めることにしました。

ヴィーは2歳。今なら新入り猫がきても、なんとか馴染んでくれそう。
大人猫よりは仔猫のほうが、軋轢が少ないだろう。
以前から、2匹目を飼うなら、人の手が必要なノラか、捨てられた子かで保護された猫を、と思っていたので深く考えず、ほぼネットの里親募集サイトで探しました。

1件目は、「単身」が理由で断られ。
2件目は、「先に交渉中の人がいる」と結果待ち。
待ってる間、そのサイトの管理者さんから紹介されて面会させてもらった子は、白血病の疑陽性でした。
保護された方は仔猫のためにすごく一生懸命で、会って一時間も経ってないのに、私もすっかりうちの子になってくれるつもりでいたので、かなりショックでした。
(疑陽性は、生後間もない仔猫の体内に一時的にウイルスがあるだけで、陰性になる可能性もあります。)
でも、翌日保護主さんに電話すると、無事里親さんが見つかったとのことで、今度は嬉し泣き。

そんなこんなでちょっとへこたれながらも再度別サイトさんで申し込み。
その子も一足遅く、決定されたばかりでした。
そして、ネット以外でも探そうと、ショップなどに張り紙されていた方へ直接電話。
今度は先方の状況とこちらの都合が合わず、申し訳なくもお断りをし。
2人目の方へ電話したところ、その方の子は決まってしまっていて、けれどその方のご紹介で別の保護主さんからお話をいただき……。
条件等をすり合わせ、こちらの希望をいろいろと聞き入れてくださって、ようやくウチの子となってくれる仔猫と出逢うことができました。

仔猫は、生後3ヵ月(推定)の女の子。ほぼ全身白、頭としっぽだけ三色混じった三毛猫。
ちなみに、ヴィー:全身グレーにあご・ふともも・しっぽのあたりに縞模様が見え隠れする生後約2年の女の子。


ヴィー3ヵ月頃の写真。噛み癖あり(泣)
かみかみ.JPG
ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする