2006年03月31日

進行状況は?

今日のハゲ。


06-03-30-1.jpg

06-03-30-2.jpg

少しは良くなって……きてる??




ヴィーは、毛質がふわふわ。
触るとふんわり、指がもぐって気持ちイイ。

06-03-30-3.jpg



最初はごわごわざらざらだった蜜。
今はつるっとつややか、なでなですると気持ちイイ。

06-03-30-4.jpg

どっちもイイニャ〜。


うちのボロ画像じゃ、毛質まであらわせなくて無念……。

ニックネーム 高遠 at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

ハゲ、みたび。

昨日気づいた。

06-03-26-1.jpg

ヴィー、またハゲできとる……・゚・(ノД`)・゚・
去年の7月、初めてのハゲができ、そのひと月後再度ハゲる。
それが、蜜がきたと同時に治って以来、もう忘れかけていた今になってみたび。
前回貰った消毒液が残ってるから、それで治りますように。


「ないわよ! はげなんて、ないんだから!!」
06-03-26-2.jpg
お姉ちゃんのフォローに懸命な蜜。

ニックネーム 高遠 at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

通院終了。

蜜の抜糸のために病院へ。
傷はちゃんと塞がっているとのことで、ようやくカラーが外せた。
抜糸するんだとばかり思ってたら、溶ける糸なので必要ないと言われ、ちょっと拍子抜け。
先生はもう少し時間がかかると思っていたのか、傷の直りが早いと言われる。
汚れていた傷口を消毒してもらったら、すっかりきれいになった。
これで、このカラー姿も見納め……。

06-03-22-1.jpg

元気だけは有り余っているので、カラーをつけててもタワーにのぼったり走り回って視界が悪くていろんなものに激突したりしてたので、今日からは安心して暴れてもらえるわ。
毛づくろいもできるしね。


ヴィーもすっかり以前の調子を取り戻し、カラーの外れた蜜を舐めてあげてた。(蜜はお構いなしにぷいっと去って行くんだけど)
夜は、二匹並んで仮眠タイム。
何故か蜜のおしりに頭をつけて眠るヴィー。

06-03-22-2.jpg

06-03-22-3.jpg



ちょっと起きた時に、ヴィーを舐めまくっていた蜜。

06-03-22-4.jpg


カラーが外れたばかりなので、蜜も久々で嬉しいのかな、とにこにこしながら見ていたんだけど。
今日買ってきた爪とぎにまたたびがくっついてて、ヴィーが夢中でごろんごろんして首筋にこすりつけてたせいだと思い出す……。


06-03-22_-5.jpg

06-03-22_-6.jpg


このあと起きたらおもちゃで遊ぼう〜。
カラーついてるのに大ジャンプとかされたら怖いので、しばらく遊びは控えめにしてたから。
新おもちゃ、投入だ!


さっき、ヴィーが飛び起きて吐いたので、またか! と駆け寄ったら、毛玉だった。
初めて見た!
そうか、これが毛玉か!
毛を吐く、というのがどういうものか、どうしても想像できなかったんだ。
消化したごはんでコーティングされた毛のかたまりだった。
毛だけを吐くわけじゃないんだね〜。

ニックネーム 高遠 at 00:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

包帯とれた!

帰宅したら、蜜の包帯(ガーゼを貼り付けてた接着テープ)が猫ベッドの中に落ちてた!
昨日見た時には、まだしっかりくっついていたのに……。
でも、剥がれたということは、必要なくなったということよね。
少しは良くなったかな、とおなかを見たら、確かに、傷口がしっかり塞がってきているようで安堵。
もういつでも抜糸できるということかな。



そんな蜜が最近よくする格好。

06-03-18-1.jpg

M字開脚でつか?



その時我が家の女王、アルビダ姐さんは……。

06-03-18-2.jpg

おおっと! これまた見事なM字開脚!
(立ち上がって後足だけ座ってM字もできるけど、こっちの方がイメージ的にM字っぽい)



正面に回りこんで、どんな顔でやってるのかも見てみた。

06-03-18-3.jpg

いつもはまん丸な瞳が、威圧的に見おろした眼差しに……!(ただ眠いだけ)
「この世はみんな、アタシの思い通り! 下僕は下僕らしく、このアタシの足もとにひざまづいてなさい」
とでも仰っておられるのでしょうか、女王様。



飼い主下僕、さらに粘ってみました。

06-03-18-4.jpg

鋭いガンくれられましたw
(*´Д`)ハァハァ

ニックネーム 高遠 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

カラーつけてる意味がなかった……。

10日から、三日連続で蜜はカラーを外していた。
ひとりが寂しかったのか、あるいはトイレがしにくかった??
ヴィーも随分落ち着いてきたので、昨日はいっしょにお留守番をさせたら、カラーは外していなかった。
やっぱり寂しかったんだろうな。

しかし、傷口がちょっとまずい感じで、糸は外れていないものの少しほつれている感じ。
予定では今日抜糸だったけれど、もしかすると、縫い直しかもしれない、と思いつつ病院へ電話。
現状を話すと、やはり縫い直す可能性があるとのことで、時間を早めてもらい、午前中に。
傷口がこわくてじっくり見ていなかったけれど、かなり糸をひっぱってしまったらしく、糸で皮膚を裂いているような状態とのこと。
縫い直してもらい、ガーゼを当てて、透明テープのような接着剤で回りを止めてもらった。3日〜一週間で自然に端が剥がれてくるので、あとは手で剥がせるらしいけど……わー……痛そう。やりたくない……。
幸い、麻酔はなんとか、しなくても大丈夫だったようで、数時間後にお迎えに行って元気な蜜と対面。(いつも元気なんだけど)
バスケットから出たがる蜜を抑えて入れて、先生
「自分で(傷をひどく)したんだからね、自業自得だよ〜」(←やさしい口調で)
私「そうよー自業自得よー。暴れすぎ。病院ではおとなしいくせに」
先生「うん、病院だと猫かぶってるよねー」
私「(何故知ってる!?)……ですよねー」

みたいな会話を。
ついでに、よその猫ちゃんに較べて、蜜は病院ではいい子のほうなのか、それとも普通なのか、そしてヴィーみたいに荒れる子はいるのか……そのあたりを、本当は訊いてみたかった……。


あー。また来週、病院か。
今度で最後にしたい。


今日の出費
診察・注射・処置費等 ¥6,400
飲み薬(抗生物質): ¥1,400
合計 ¥8,610

トホホ……。


あと、内用薬の名前が、蜜 でも 密 でもなく、 みつ になっていた。
書くのめんどくさい名なのかい……!
まあ、名前の書き方なんてどうだっていいんだけど……。


ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

蜜、復活。

06-03-10-1.jpg


帰宅して、玄関まで出迎えにきた蜜がやけにゴキゲンな上に身軽で「アレ?」と思ったら……エリザベスカラーが外されてたorz
そして廊下に設置した蜜専用トイレが……ひっくり返され……中身が…飛び出して……_| ̄|○ シカモ シヨウズミ ダヨ
傷口もやはり舐めているようで、少し、赤く腫れてる……?
糸は取れてないけど、大丈夫かな……。

病院でつけてもらったカラーはホック式で止まってるので、うまいこと手足使って脱いだんだろう。
仕方がないので、首輪で止められるヴィーのお古をつけることに。


ポン・デ・ライオンみたいで面白かったんだけどな……。
頭が重いので、歩く時はモンローウォークみたいに腰をくねくね、頭もふりふりしてたのがかわいかった。
06-03-10-2.jpg

06-03-10-3.jpg



つなぎ目をガムテープで止めてあるのは初期仕様。
06-03-10-4.jpg

黄色のカラーより、ちょっと小さめ。
今度は外されないといいな……。



ヴィーの状態は、昨日より少し改善されてきた。
それでもまだ近寄ると唸ったり毛を膨らませている。
蜜に至ってはすっかりいつも通りで、唸られても気にせず突き進み、食べたいように食べ、飲みたいように飲み、バリバリ爪を研ぐ。
頭を反らしてふりふり歩く姿がやたらと偉そう(苦笑)
でも、いつもの蜜に戻ったことで、ヴィーも「あれ? この生き物って、もしかして蜜?」と気づいた様子。
鼻と鼻をちょん、と付け合ったり、おしりのにおいを嗅いだりするようになった。
カラーが外れないと駄目だろうと思っていたけど、案外早く落ち着いてくれそう(ヴィーの精神状態が)。

でもまだ、近づけると唸って嫌がる〜。


今は同じ部屋の1メートルくらい離れた場所で、それぞれ眠っている。
距離、縮まってるよvv
ニックネーム 高遠 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

8日(水)の2匹。

今日は仕事のため、蜜は別室でお留守番。
これは予定していた通りだけど、最初の理由としては「ヴィーが蜜の傷を舐めたり、2匹でおいかけっこをしないよう」だった。
けれど、現実は蜜の傷を心配してというより、ヴィーの精神安定のためにそうせざるを得ないだろうと。
戻ってきて、やはり痛みや不自由さからくる不安などでいつもより甘えたがる蜜。
膝の上で寝たり、夜はお布団でいっしょに寝たり。

……それを離れたところからうらめしそうな表情で見つめるヴィー…。


こ……こわい(;´д`)


ごはんもあんまり食べなかったし、朝になっても威嚇はおさまらない。
一方で、私にべったりは、より加速度を増している。
手に蜜の匂いがついているので、低く唸りながらすりすり頭をこすりつけてくる。
歩いてても、唸りながら足にすりすり絡みついてきて、離れようとしない。
甘えたいのと怒りたいのがごっちゃになってうまく制御できない状態のよう。
わー……。もう……なんて面倒な子なんだ……。


リビングのドアを閉めて蜜を廊下側に出し、出かける間際、振り向いたら蜜はリビングのドアの前に座って、ヴィーの方を一生懸命見ていた。
蜜……ヴィーに毛づくろいしてもらって安心したいんだろうな……。



夜帰宅しても状況は変わらず。




今回の出費
避妊手術及び診察・処置費:¥25,700
血液検査(赤血球・肝・腎臓等内臓検査):¥8,000
入院費及び薬代:¥5,000
計¥40,635

予定より1万以上オーバー……。


血液検査の結果は、大きな問題はなし。

以前より気になっていたことをいくつか質問してみた。

・運動した後、時々息切れして「ハッ、ハッ」と荒い息遣いをしていたこと。
喘息の可能性があるとのこと。
現状では、感染はないとのことなので、息切れする時にはそれ以上運動させないようにすること。

・体重3.15キロ。平均より小柄だけれど、おなかに脂肪はついているので、太りやすい。
食事量には気をつける。

・内臓(腸?)に巻きついたりして大変なことになるので、髪の毛を食べたりしないよう掃除をまめにする(あああ……;)
時々出てくるんだ……う○○が髪の毛に連なった状態で(汗)

・ヴィーのまぶたの毛が薄いのは、進行したり赤く腫れなければ問題なし。個体差らしい。


この病院では、子宮と卵巣の両方を取るやり方のよう。
取ったものを見せてもらった。
……あまり、見るものじゃないね……。
(中にはくれる病院もあるらしいけど、もらってどうするんだろう?)
傷口は綺麗に縫われていて、糸で三ヵ所止められていた。
腫れることがあるらしいので、気をつけて見ておくこと。

ヴィーの時にはまったく知識がないまま手術したため、詳細は不明。
病院は、当時の家から通っていたところ。
傷口は、縦に長く糸が見えていて、蜜より痛々しかった。
そして麻酔の効きが弱かったのか、あるいは最初から短めの麻酔にしたのか? 夕方迎えに行ったら、家で暴れて大変だった。
包帯を舐め取ってしまって病院へすぐUターン。
ものすごく荒れて、ほっぺたは噛む、前脚で一瞬息が止まるほど胸を強く叩かれる。
ロフトにあがって降りてこない。
唸る、噛む、触らせない。

………………蜜がよい子なのか病院の腕の差か、はたまたヴィーがとんでもなく(略)



一週間後に抜糸予定。それまでカラーはしておく。
抗生物質を日に2回、鎮痛消炎剤を1回、5日分の処方。


なにげに気にかかってるのが、蜜の漢字が 密 になっていたこと……。
間違えやすいのはすごく分かるんだ……。

ニックネーム 高遠 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

術後の悩み。

昨日病院から帰ってきて、蜜はひたすら寝ていた。
行きもそうだったけれど、迎えに行った時もおとなしくしていて、暴れたりパニックもせず、問題なく帰宅。
……手がかかんない子だ……。

06-03-08-1.jpg


06-03-08-4.jpg


06-03-08-2.jpg



切って縫ってるわけだし、しばらくは目が離せないよね、こりゃ。
と思っていたら、深刻なのは蜜ではなく、ヴィーでした。

06-03-08-3.jpg


ずーーーーーっとこんな調子で、遠巻きに蜜にガンくれるヴィー……。

病院では当初、エリザベスカラーも包帯も付けないと言われたのを、「ヴィーが毛づくろいで傷口を舐めるかもしれない」
と言って、包帯か服か付けてもらえないかとお願いしてみた。
でも、「傷口が蒸れるから包帯はしない」とのことで、カラーだけになった。

……………………。

私の心配は、まったく見当違いですた。


近寄りもしねえぇぇぇぇ!!!


「グゥウゥーーーー」
「シャー!!」
蜜を見て発するのはこの言葉だけ。
多分、カラー+消毒液のにおいに反応してるんだろうな。
蜜は、慣れないカラー+手術後の低下した体力のせいでちょっとふらつきながらも、甘えたくておねえちゃんのとこに行こうとするのにヴィーにこの調子で拒否されて、少し戸惑っている様子。
それでも、一晩あまり眠れなかったこともあり、すぐ寝てしまった。
根本的に、猫っぽいマイペースな子なんだ。
蜜が寝てる間も、ヴィーは離れたところからすっかりすさんだ目で監視を続けていた……。


ニックネーム 高遠 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

蜜のいない夜。

蜜の手術は無事終了。
でも、診察時間が終わっても麻酔が抜けず、動き回らないようにしないといけないということで、病院にお泊りすることになってしまった。
仕事休んだ意味、なかったなー。


で、今日はヴィーとふたり。
蜜がいなくって、探して鳴くかなーと思っていたら……。

全っ然探さない……!!

べったべたに甘えて、いつも以上に離れず飼い主をストーキング、足にスリスリ、だっこ〜! ボール〜! と蜜がいないことなどまるっきり気にしていないたらーっ(汗)

06-03-07-1.jpg


06-03-7-2.jpg


06-03-07-3.jpg


06-03-07-4.jpg


06-03-07-5.jpg

すっごくのびのび過ごしていた……。
ちょ、ちょっとせつない。


ニックネーム 高遠 at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

蜜・前日。

06-03-06-1.jpg
今日の蜜



蜜の発情は三日ほどでおさまって、なんとか明日手術できそう。
代わりに翌日の夜は、ヴィーが鳴いてた。
なんか、蜜が鳴いてるのを聴いて、「鳴いたらかまってくれる!」と思ったようで。
すっごく甘えた声で、「アアア〜〜ン、ミャアァァァン」と鳴いてはボールを転がし、また鳴いてはボールを転がし、ひとり、暗い廊下でやっていた。


もうすぐ三歳なのに、まだ仔猫気分かよっ。


布団の中で、思わず苦笑いする飼い主下僕。
下僕の上に寝そべった姿勢で頭だけ上げて、きょとんとした顔で廊下をうかがう蜜。
そんなふたりをよそに、廊下からの呼び声とボールを追う足音はやまず……。
……別に遊ばないから。深夜3時まわってるんだから。


そんでもって、今日はちゃんと遊んであげてたもよう。
……どっちが??(笑)
06-03-06-2.jpg



蜜は明日に備えて、夜12時以降は食事禁止なので三回目のごはんはいつもより早め。
11:50……ぎりぎり。
今日も完食せず。
朝、いつもと同じに「おなかへった〜!」って騒いで、起こすんだろうなあ。
ニックネーム 高遠 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

寝不足ぎみ。

前々から気になっていたこと。

ヴィーのこの部分、薄くないですか?
06-03-02-1.jpg


06-03-02-2.jpg
こんなものかしら……。でも、日に日に薄くなっていっているような気もする。(目の上。人間で言うと、まぶた?)




ひと休み中の蜜。
06-03-02-3.jpg


最近は、膝の上にも乗ってくるようになった。たまにだけど。
06-03-02-4.jpg


飼い主下僕の膝の上から、アルビダ姐さん(=ヴィー)を見おろす図。
06-03-02-5.jpg


予想していたけど、昨日はあまり眠らせてもらえなかった。
うとうとしかけたら、廊下の方で蜜が大声を上げ始める。
お布団の中から呼んで、おもちゃを振って、気をそらせる。
しばらくは遊びに集中するけど、また少しすると廊下に行って鳴きだす。
二、三度これを繰り返して、気がついたら意識がなかった。
夜中に鳴かれるのはつらいなあ……。

でも、ヴィーのときほどはすごくないっていうのが、まだ救いかな。
ヴィーには、お風呂にもゆっくり入らせてもらえなかったから。
(ずっと鳴くので、そのたびにヴィーと会話して、洗髪。会話して、洗顔。みたいな。やっぱり冬で、とにかく寒かった……)



さて。蜜も寝ているようなので、今のうちにお布団に入ろうかな。

ニックネーム 高遠 at 02:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

とうとう……。

やってきてしまった、蜜の発情期。

昨日(27日のこと)帰ったら、すぐに開けたお風呂場に飛び込んで、バスタブにうずくまりっぱなし。
前からお風呂場に入るのが好きだったけど、あまりにもずっとこもっているので、おかしいな、と思い近づいたら「うにゅ〜、くぅぅぅ〜」とせつない声で鳴く蜜。
床にべったりで、時々足踏み。
体が熱くなって、冷たいとこでほてりを冷まそうとしてるのかな。
そして時々、大きな声でひとしきり鳴く。

来週おさまっているようなら、病院行こう。
しかしなー、やっぱり発情期ってつらそうで、見ていて私もつらい。

現在生後9ヶ月くらい?
体重は3.2キロ。
ある時から全然増えなくなって、ちょっと気になっているんだけど。
食欲にむらっ気があるせいかなー。
少しだけ食べて、すぐに遊びに行こうとするので、最近ではてのひらに乗せて、ご飯を食べさせている……いいことだとは思ってないけど、あまりにも小食になったので。



以前の日記を見返したら、ヴィーは約8ヶ月で3.8キロあったんだ。
手術は11ヶ月くらいでしていた。
3キロ超えてたら手術するのに問題はないようだけど、もう少しだけでも、体重増えたらいいな。
ニックネーム 高遠 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする