2007年01月30日

蜜は寒がり。

分かるかな?

07-01-30-4.jpg

鼻の先っちょが見えてるの。



07-01-30-1.jpg

あまり一緒には寝ないけど、割合ひとりでぬくもっている。
寝るときは、下僕の身体の上。もしくは布団と毛布の間(身体半分乗っけて) お、重い……。身体が動かせなくて変なことになってるし。
……あれ、これって一緒に寝てるってことかな?
けど、とん、と乗ってきて「フミフミフミ」としばらくもみもみするのがかわゆい。
ヴィーはあんまりしない。



07-01-30-2.jpg


07-01-30-3.jpg



ささみをゆでて、スープをあげてみたけれど、2匹ともすごくにおいを嗅いで興味を持つのに、なかなか飲んでくれない。
ささみをちぎってあげたら、蜜は食べてくれた。
そうしたら、その後でちょっと飲んでた。
今度は魚で挑戦。

ニックネーム 高遠 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

ちから関係。

07-01-26-3.jpg


07-01-26-2.jpg

ホットマットの中央は、大抵ヴィーが占拠。
蜜はその横のほうに、身体の一部を遠慮がちに乗せるのが精一杯。



07-01-26-1.jpg

とか言いつつ、しっかりおねえちゃんを枕にしているあたり……(^^;)
(しかもハロゲンヒーターにも一番近い位置だったり)



07-01-26-4.jpg

下僕は足一本しか入れられませぬ……。

ニックネーム 高遠 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

旬を逃したネタですが……。

07-01-25-1.jpg
「あたしの名前は蜜」


07-01-25-2.jpg
「大開脚が得意な


07-01-25-3.jpg
日本猫よ」


07-01-25-4.jpg
「ハ・ニ・ィ黒ハート って呼んでねキスマーク


07-01-25-5.jpg
「欧米か!!」



やっぱりこういうのは流行り始めにやらないとだめね〜。
ニックネーム 高遠 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

あったかいにゃ〜ん。

足用ホットマットの上でご満悦な姉妹。

07-01-23-1.jpg

07-01-23-2.jpg
蜜っちゃん、足、浮いてます。



07-01-23-3.jpg
尻尾も丸まるほどにぬくぬくらしい。

ヴィーが長く伸びすぎたせいで、足もとの余計なものまで写ってしまった罠……。



ニックネーム 高遠 at 01:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

蜜・検査。

ようやく蜜を病院に連れて行けました。
検査前の面談では、救急病院の先生のお診立てとほぼ同じ。
神経性の発作か、あるいはてんかんの可能性がまず考えられる。
救急病院での血液検査の数値は、とんでもないものだったらしい。。。

一番危険なのは、最初の発作から48時間内に2度目の発作があった場合。そこで発作が起きなくても、1日に2度とか2週間に一度とか高い頻度で発作が起きると投薬治療が必要。
吐いた時に血管が切れて、出血したのではないか。今もしているかもしれない。
まずは再度血液検査をして、30日の検査と変わってなければ、一日預けて心雑音がないかを心電図をつけて診る。それと一緒にMRIで脳の状態を診る……。


みたいに、すごいおどされて暗澹とした気持ちで血液検査へ。


結果。
数値は以前(2006年3月)の数値に戻っていた!
恐らく、吐くことで高血圧状態になって、小さい血管が切れて倒れたんだろう、とのこと。
ひとまずものすごい大変な状態ではないようで、よかった〜〜。

でも、蜜にとって吐くことが非常に危険なことになるので、大好きな、ゴハンよりダイスキな猫草は今後禁止(´;ω;`)
もともと血液が濃いため、水はできるだけ飲ませる!(`・ω・´)
興奮も良くないので、運動は控えさせる(´・ω・`)

あのとき、救急病院行っといてよかった。
そして去年血液検査しといてよかった。



ところで、ここで気になるのがヴィー。
一度も検査してないから、早いうちにやっておかないと……。
なんか先生にも怒られ気味に血液検査の重要性を力説されたし。
「だから事前の血液検査っていうのは大事なんですよ! 前回やってたから、こうやって数値を見比べられるんでしょ!? 健康な時の数値が分からなかったら、どこがおかしいのかも分からないんですよ!」
多分、私も含めて検査しない人があまりに多いから、いざ異変があって連れてこられたときに診断に必要な材料が少なくてすごく大変なんだろうな……。
でも、ヴィーの場合、病院に行くこと自体が……。
先生、ヴィー連れて行ってもいいですか……?
ワクチンのときに一緒にやったほうが、各方面への被害が少ないかしら?




画像は、変わって2匹のオネム姿↓
07-01-09-1.jpg
ヴィーが寝てるところに蜜が寄っていって添い寝。
ヒーターつけてても、なかなか団子にならない……。



07-01-09-2.jpg
珍しく、ヴィーが毛づくろいをしてあげてます。



07-01-09-3.jpg
首もとのあたりの毛をカミカミして、ヴィーにしてはかいがいしくお世話してるー。



07-01-09-4.jpg
で、蜜が起きてやっぱりとっくみあいに発展。


ニックネーム 高遠 at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

温めてます。

蜜のために押入れから出した、足用ホットマット。(人間用)
上掛け用の薄い羽毛布団とハロゲンヒーターもセット。


07-01-03-1.jpg

お……おねえちゃん……_| ̄|○



07-01-03-2.jpg

蜜もちょっぴり悲しげ。



07-01-03-4.jpg

それでもヒーターには当たってるけど。
2匹ともぬくぬくだから、オッケーなのかしら……?



早く病院に連れて行きたいなー。



蜜の行動を逐一チェック。
ずっと寝てれば寝てたで、息をしているか気になって覗き込んで起こしてみたり……。(ダメ下僕)
お水はどうだ、トイレはしたか。そっちの部屋は寒いよ、鼻○そ出てるよetc…。
するとそれを見ているおねえちゃんが「なんで?」「どうして?」と淋しそうな様子でこちらをうかがう。
さらには昨夜、ヴィーが左目を眇めるので見てみたら、黄色っぽい柔らかめの目やにが……(´・ω・`)
1ヵ月半前の風邪が、原因なのか……。
風邪であれば、いいのに……。



ニックネーム 高遠 at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする